誤嚥を防ぐ食べさせ方 高齢者

誤嚥を防ぐ食べさせ方のコツ!高齢者の食事介助

そしてまずは始めに食べ物を食べるのではなくお茶薬水分などで口の中を潤します。

 

そうすることで口が潤って物が食べやすくなります。
すぐに食べやすいものから一つ一つ口に運びます。

 

熱いものが冷めるまで待って食べやすい冷めているものから食べさせるようにします。

 

スプーンには山盛りにせず3分の2程度に盛り付けをして口に運びます。
飲み込んでいるかしっかりと確認してから次のを入れます。

 

そして知るものやお茶などを時々与えます。

 

そうやって食べ物を食べさせて行きます。

 

最後に水分を取らせて口の中に食べ物が残らないようにして歯磨きなどを行います。

 

歯磨きをしてからすぐに寝てはいけません。

 

そうすると逆流性食道炎なってしまったり胃の中から肺の中に食べ物が逆流したりして誤嚥性肺炎を引き起こすかもしれません。
ですので、30分から1時間は体を横にするようにします。

 

誤嚥を防ぐには

誤嚥を防ぐ食べさせ方のコツ!高齢者の食事介助

 

誤嚥を防ぐというのは食べ方ひとつで変わってきます。
まずスプーンで食べさせる場合は口の周りにスプーンを当てて口を開けるかどうかチェックします。

 

そして口とスプーンを直角に入れます。

 

口の中を見てからスプーンを舌唇の中に入れあまりを口に入れすぎないようにします。

 

そしてスプーンの半分ぐらいが口の外に見えて唇に着くように角度あげてあげすぎないようにします。
そしてすると中に食べ物入れて嚥下を確認します。

 

さっとスプーンを引くのではなくゆったりとスプーンを必要にしてください。

 

骨粉を介助コップの介助というのは飲み物を飲ませることを意味します。

 

まずしっかりと起き上がっていて呼吸が荒い大丈夫になっているかチェックします。
口の位置より高い位置にコップを置くと顎を突き出すような格好になってしまい飲み込みにくくなりますので、口の下の方から話せるようにします。

 

唇が真ん中で口に触れるようにしてから静かに口の中に入れていきます。

 

飲めそうな量に応じて口の中に入れて一度コップを口から外します。

 

杉並で飲ませる場合は水のみを唇の真ん中に当てるようにします。

 

口の右や左から入れると飲み込みにくくなりますので、気をつけましょう。

 

吸い飲みは口に対して平らになるようにするとお見やすいです。

 

そしてごっくんと飲むのを確認してから次の水を入れるようにします。

 

 

誤嚥しないためのポイント

まず食べ物を判断できているかどうか食べ物を見て食べ物だとわかるのかスプーンを近づけると口を開けるのかスプーンを口に近づけると口につけると開けるのかによっても変わってきます。

 

次に口の中に食べ物が入ってからどのような食べ方をするのかというところにもチェックをしましょう。

 

 

その時に注意するのが口の中に物を入れた後にどんな動きをするかです。

 

まず口の中に物が入ることが前提となっていますが、口の中に食べ物入れてくれるでしょうか。

 

炊き出したりしないでしょうか。

 

そして口の中に食べ物入れたあと口から溢れ出したりするようなことはないでしょうか。

 

そして唾液がよく分泌されているでしょうか。

 

これは案内重要なことで普通の人はわかっていないことがあるのですが、唾液が自然に分泌されないと物を飲み込むのがとても難しいです。

 

特に病気なので唾液が出なくなっているという人が多いと思いますので、唾液が出るようにマッサージしてあげることも必要です。

 

そして唇をしっかり閉じたりできるかどうか唇をしっかりとしないと食べ物や飲み物がこぼれてしまいます。

 

次にしっかり噛んでいます。

 

かもぐもぐと噛まないと飲み込むことができません。

 

しっかり噛んでいるのをチェックしましょう。

 

まず下を使って潰したり舐めたりすることができているのか下を前後に動かして食べ物を食べているかもぐもぐと噛んでいるのか最後が一番危険なところです。

 

飲み込んで胃の中に物を入れられるかどうかというところです。

 

口の中に食べたものが残ったまま次のを食べようとしたりしていませんが、そしてごっくんと食べ物を飲み込むことができているでしょうか。

 

それをチェックするには食べた時に、むせたり咳き込んだりしたりしていないかどうか見せたり咳き込んだりしているということは、胃の中ではなく肺の中に食べ物が入ってしまっている可能性が高いので応援といって危険な状態です。

 

ここまででチェックしたポイントは摂食障害についての問題と嚥下障害についての問題です。

 

何らかのポイントに「はい」や「いいえ」がついてしまった場合は嚥下や飲み込みに障害があると考えられます。

 

全く問題なかった形でもしようや訓練をしないとだんだんと落ちてくることもあるので注意が必要です。

 

訓練や注意をするには病院のお医者さんや看護婦の人そして管理栄養士さんに食事の食べ方を指導してもらわないといけません。